Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jumonji.blog51.fc2.com/tb.php/470-054b7091

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

才能の真偽



スーツ姿の中年の男は細く華奢な足場に体を揺らされていた。
3メートル程離れて彼を見守っている女性は目を激しく左右に移ろわせながら、
口は半開き。何やら不安げな表情で男の頭部よりやや上を注視する。
とても広い世界があった。壁は白を基調とした清潔感の溢れる空間。
その壁にはいくつもの絵画が額縁に入って飾ってあり、絵の下には
一つ一つ題名も掲げられている。空間を占める空気、緊張感、香り…
これら全てが協調し合うことで「芸術」は形となってゆくらしい。
男は高めの梯子に登り、絵画の入った額縁を持っていた。足元は少し不安定だ。
「…うーん、もう少し右側です…あ、右側を気持ち上に」
「こっちかい?…っと…」
見守っていた若い女性の言葉に合わせるように男は額縁を微妙に動かす。
「…どうだい、峰岸君」
「お疲れ様です、館長。良い具合ですよ。じょーでき、です」
ひと仕事終えた館長と呼ばれるその男は、ため息を大きく吐き出すと
ハンカチを額に当てつつ子供の様な笑顔を見せる。峰岸も胸の前で
音がしない程度の小さな拍手をしながら、白い歯を見せた。
「普段、君達はこんなに大変な作業をしていたんだね…腰が痛いよ」
「苦労をお分かり頂けてとても嬉しいです、館長。でも空間作りは楽しいですから」
女性はふふっと笑いながら館長の隣へ、同じ位置から飾り終えた絵画を眺めた。
ここは東京都内のとある美術館だ。その一角にある個人展コーナーの
展示用意を、従業員付き添いの下館長自らで行っていた。
どうやら館長が飾った絵で個展の準備は完了したらしい。
遠くから具合を見てうんうんと男はうなずいた。満足感に胸を張った。
「苦労の甲斐あってか、いいスペースになったね。彼が喜んでくれたらいいが…」
「館長のお知り合いなんですか? 齋藤、賽輔さん…初耳の画家さんです」
「ああ…古い友人でね。時期を見計らって個展を開いて欲しいと頼まれていたんだ」
美術館スタッフの峰岸彩子が訪ねると、男は感慨深げにそう答えた。
笑ってはいる。だが悲しそうな目をし、遠くを見つめているように峰岸には感じた。
「時期…ですか」
そう峰岸が呟いてすぐ、美術館に一本の電話が鳴り響いた。
電話の主に心当たりがあった男はすぐに電話を取る。
「はい、こちらミーネス美術館。館長の多仲(たなか)でございます。
…はい…はい、伺っておりますよ。予定通り明日ですね。承知致しました。
お待ちしております」
そう伝えると、多仲は受話器を置き絵を見ていた時と同じ眼差しで窓の外を見た。
「君の絵を見る初めてのお客さんは、輝かしい未来に満ち溢れた高校生だそうだ」
空には風に流れる雲が、ちらほらとまるで誰かの筆による仕業の様に置かれている。
それは一つの絵画にも見えた。雲一つ無い空が一番美しいと、果たして誰が決めたのかと
訴えかけられた気さえする。しかし、そんな完成された景色は今の
多仲の目には意味を成していなかった。
ぽつりと言うと、机の上に来客予約ノートを取り出して開く。
明日の日付の欄を見つけた。その欄には以前あらかじめ記した予定
「聖・平原女子高等学院様 館内見学」の文字。
その日に、画家・斎藤賽助の絵画はようやく本来の意味での「彩り」を手に入れる。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jumonji.blog51.fc2.com/tb.php/470-054b7091

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

JUNE

Author:JUNE
JUNE(ジューン、ジュン)
旧PN:十文字貴人
男 4月25日生まれ
血液型:A
好きな事:映画鑑賞、読書、落書き、英語勉強
人間は「人生」においては誰もが素人。だから、焦らず楽しもう!

<>

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。